2006年10月27日 (金)

関西のテレビ

大阪・神戸は、テレビのチャンネルの数が東京と変わりないので、プログラムもほぼ同じかと思っていたら、結構ローカル番組が多いです。
バラエティもニュースもゲストやコメンテーターがやたら多く、井戸端会議の様。先日、夕方6時台のニュースで、大阪府が「武田薬品」の工場誘致に失敗し、神奈川県の藤沢市に新薬の工場が作られる事になり、優良企業が大阪から流出してしまうのは残念、という報道がありました。するとコメンテーターが「でも“武田薬品”が藤沢に行ったら、“藤沢薬品”が大阪に来るかもしれへん」と言い、すぐにアナウンサーや他のゲスト陣から「ないない」「ないって!」とツッコミが入ってました。。。マイナスイメージのニュースにも何かしらフォローが付き、スタジオが怒りの空気のまま終わるということは、あまりありません。
このペースに慣れてしまうと、全国区(東京)の番組が、何か表面的で分かった風に感じられてしまいます。しかし、関西のあまりのダラダラさにも疲れることもあり(しかも同じ顔ぶれが多い。ざこば、南光、太平サブロー、トミーズ雅・健、円広志、金村、赤井英和など、おっさんタレント群が大活躍。常に誰かがどこかに出ている)、そんな時ほっとするのが、NHKの「ニュース神戸発(pm6:10~7:00)」。東京の殺伐さや殺気も、大阪のたれ流し感もなく、必要なニュースを端的に伝えて、後はほのぼのしてます。ミニ生ライブのコーナーがあったり、神戸の夜景をバックにローカル情報をジャズのBGMに乗せて流したり、天気予報のBGMも“ゴンチチ”でのんびり。
それぞれに特徴があって面白いです。

Dscf0273

NHK神戸のマーク
異人館の「風見鶏の館」をイメージしたのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 1日 (金)

別ブログ

復活したものの、しばらく外出も出来ないので、ぼちぼちの更新になりそうです。
こちらを“マタニティブログ”にするつもりはないので、別ブログを作成しました。以前夫が、自分もブログをやりたいと言うので、設定してあげたのですが、3日坊主どころか、1日で終了したので、そちらを拝借する事にしました。
右にアドレスを表示しましたので、ご興味がありましたら、どうぞ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月21日 (月)

復活!

5月に妊娠していることがわかり、ツワリが重くなるにつれPCにも集中出来なくなってしまったため、更新期間がずい分と空いてしまいました。7月後半にはすっかり良くなったのですが、今度は紀子さまと同じ「前置胎盤」と診断されてしまい、自宅で安静状態に。直近の検診では治ってきているとの事で一安心ですが、9月の検診まで(胎盤が正常になるまで)外出禁止です。2ヶ月間、検診以外一歩も外に出られない。。。そう言えば電車にも3ヶ月乗っていないし、美容室にもGW前に行ったきり。。。
その間のささやかなネタ3つです。

5月某日
北浜の「ポンテベッキオ」を結婚記念日に予約していました。この日の昼、産婦人科で妊娠を確認したので、ダブルお祝いになったのですが、お酒が飲めなくて残念。
「ポンテベッキオ」は、大阪のイタリアンの名店と言われていますが、期待し過ぎたのか感激はありませんでした。レトロな大阪証券取引所建物内の路面側に入口があり、内部は空間プロデュースされた様なクールで落ち着いたつくりです。
お料理は素材の良さが生かされていて、お皿の中の一つ一つをいただくと美味しいのですが、その組み合わせを斬新にした創作イタリアンになっていて、それがピッタリとも言えないところが少し残念でした。
そして、従業員が黒服っぽいとは事前に聞いていたのですが、確かにホストみたい。。。服装がダークなピタピタスーツで、中の白シャツの2つ目ボタンまで開けているからか。フレンチのギャルソンの様にいかにも“給仕”といった制服ではないので、ちぐはぐな感じがするのか。皆、若くて小奇麗だし。これが、もう少し大人で“ちょいワルおやじ”風なら「ボンジョルノ~!」っていう気分にでもなるのでしょうかね。。。接客自体は、丁寧で不自然なところはなく、つかず離れずで居心地良かったです。ランチならまた行ってもいいかも。

Ponte_1

                                                                                                                                        

                                                                  

7月某日
引きこもらされ状態が続くある日の夕食中、外からボーン、ボーンと音が。カーテンを開けると、意外に大きく近く花火が見えました。方向から考えて、芦屋浜の花火大会らしい。1時間弱でしたが、外出気分を味わうことが出来ました。

Dscf0304_1Dscf0299_1 

花火を撮るのは難しい。。。

                                              

7月某日
静岡へ遊びに行っている友人が、「釜揚げしらす」と「釜揚げ桜えび」を送ってくれました。その日に水揚げがないと、揚げたてが手に入らないそうで、ラッキーでした。届いた当日は、そのままご飯にのせていただきました。ふっくらしていて、自然な塩味が丁度良くて美味しい~! 翌々日には、玉ねぎや枝豆と組み合わせて、かき揚げに。だし巻き玉子にも混ぜ込んでみました。残った分は冷凍しましたが、パスタに使ってもいけるのだそう。感謝。新鮮なうちにいただかなきゃ、とあわてて小分けにしてしまったので、写真を撮り忘れたのが悔しい。。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年6月11日 (日)

気になるCM

少し前から流れているCMで、うまいな~と思うものがあります。
女の子達が鏡を見ながら、
「シミってさ~、あると言えばあるよね」
「ないと言えばない」
「あるよ!」
と会話するシミ消しの錠剤のCMです。
これっていろんな事にあてはまる気がします。毎日する必要もないけど、時々は掃除しなきゃならない所(食器棚の天板や冷蔵庫の中とか)。職場で、誰が整理すると決められているわけではない共有の棚や、満タンになった時に当たった人が捨てる事になっているシュレッダーの屑など。見なかった事にして、あるいは「まだ大丈夫」と先延ばしにしているのをツイてきて痛い。。。
話は変わりますが、昨日のWカップのイングランド×パラグアイ戦で、パラグアイのサポーターのコスチュームが赤白の太い縦ストライプだったので(プラスかぶりものの人達も結構いた)、「くいだおれ人形」に見えてしかたありませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月15日 (月)

靴の修理

少し前になりますが、割と近くに、綺麗に直してくれそうな靴の修理屋さんを見つけたので、行ってみました。HPに、お手入れの仕方や保存、修理について、親切な説明があり、安心しておまかせ出来そうな感じが伝わってきます。私はサンダルのつま先の開きと、かかとの巻き・底のはがれを、夫はビジネスシューズの底全面を修理していただきました。サンダルは30分程で、ビジネスシューズは張替えをしたので2週間かかりましたが、うれしくて何回も触ってしまう位“生き返って”いました。また修理してもらおうと思うと、かえって丁寧に履くようにもなるから不思議です。

*「shoefactory&shop 修理屋」のHP  http://www.shoe-riya.com/index.html

Hirota

修理待ちの間、お店近くの広田神社へ散歩。
阪神タイガースが優勝祈願にお参りする神社です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月25日 (火)

桜の見納め

夙川沿いの桜は見頃を過ぎてしまいましたが、夙川駅から東へのびる山手幹線の桜並木はまだまだ綺麗です。“里桜”だそうですが、“里桜”は“山桜”と同様の総称なので、品種までは分かりませんでした。

Sakura2Saukra1   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月19日 (水)

押花の額

母親の友人に、押し花を上手に額に出来る方がいると聞いて、玄関が寂しかったので、お願いしました。製作に1ヶ月ほどかかるという事で、楽しみに待っていた完成品が昨日届き、さっそく玄関に飾りました。「額縁は白、バックの色紙を薄いグリーンで、お花は白メインに色味のあるものを足す感じで」と母に伝えてもらったところ、注文が地味過ぎた様ですが、小花のブーケのイメージで、とてもかわいらしく仕上げて下さいました!

P1010113写真では分かりにくいですが、若草色のオーガンジーのリボンで束ねたデザインです。細かい蔓や葉も。3年位しかもたないそうで、もったいないですが、素敵にお作りいただいて、ありがとうございます。

*写真をクリックすると大きくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月17日 (月)

ピアノの練習

派遣の仕事が2週間延長になり、ようやく先週で終了しました。繁忙期の補助でハードだった事と夕食だけはなるべく作っていたので、一番影響を受けたのはピアノでした。1月から始めたばかりなのに、6月には発表会が。。。今日から気合入れて練習せねば。

Rokuon_1                        

譜面だけだとリズムが難しいので、レッスンの際これで録音してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 3日 (月)

小説になった家

谷崎潤一郎が実際に住み、「痴人の愛」の主人公の住居のモデルにしたと言われる神戸市東灘区にある旧宅が、この4月1、2日に一般公開されました。7月に取り壊されるそうで、外観も内部もかなり老朽化していましたが、天井の照明の取り付け跡や窓などを見ると、当時ではハイカラなつくりだったように想像できます。生まれも育ちも東京の谷崎潤一郎は、関東大震災をきっかけに移住した阪神間が気に入り、21年間も住んだそうです。しかもその間、13回も引越しをし、その環境を小説のイメージに取り入れていったため、この辺りにはゆかりの家や景色が点在しています。土曜日には、岡本の家を見学した後、30分程歩いて南下し、「細雪」を書き始めたという「倚松庵~いしょうあん~」も行ってみました。こちらは丁寧に手入れされていて、暖炉付きの洋間もある素敵な日本家屋でした。昨年芦屋にある「谷崎潤一郎記念館」も訪れましたが、肉声のテープなど、資料が充実しています。この後、香枦園まで電車に乗り、川沿いに夙川駅まで戻りました。桜はまだ3分咲きまでもいってませんでしたが、気持ちの良い散歩が出来た一日でした。

主人公の名から          天井の照明あと
「ナオミの家」。

  ChijinTenjyo
 

  

    

   

        倚松庵

IshouanRoomDesk

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年3月17日 (金)

怒涛の一週間

仕事を再開しようと思い、先週とりあえず派遣に登録にいったところ、3週間の仕事を紹介されて、今週はみっちり仕事をして熟睡できる毎日でした。阪神電車を利用して梅田まで通うのですが、夫と一緒に自宅を出ると30分前に到着してしまうので、3日目に、混んでる「特急」ではなく、次に出発して座れる「準急」に乗ってみました。特急だと約13分なので、余裕みても30分あれば大丈夫だろうと、ざっくり考えたのですが。。。夫に教えてもらった新聞のサラリーマン読み(縦半分に折ってめくっていく=広げないで読める)の実践に夢中になっていて、ハッと気がつくと、すでに始業の10分前で、梅田からまだ3駅も前だったのです。。。阪神は、「直特」「区特」「快急」など7種類の列車があり、どれがどんな速さなのか今いち理解できておらず、「準急」という少し速そうな名前に惑わされてしまいましたが、実は途中で何回も通過待ちをする種類だった様です。ショックをうけつつ、次に停まった駅にて、またもや通過して行く電車を横目でみながら、派遣先に遅刻の連絡をいれ、確認を怠ったことを悔やみました。。。3倍以上もかかるなんて~~
話は飛びますが、少し前に新聞に載っていた目薬が良さそうだったので、薬局に買いに行きました。うろ覚えだったのですが、商品を見れば思い出せるつもりでいたら、目薬コーナーはレジの後ろにあって、店員さんに商品名を伝えなければならない店舗でした。そこで「ロート製薬からでてる『漢字3文字』の目薬ありますか」とつい言ってしまってから、“何か今のって、おばさん、、、”と少し恥ずかしくなってしまいました。。。
どちらも、精神的たるみの危機を感じた出来事です。反省。

DSCF0212 
 恥ずかしかったけど、
 なかなか調子のよい「養潤水」 。
 刺激がなく、やさしく潤います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧