« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月26日 (火)

日帰り京都

日曜日も快晴だったので、雑用を済ませてから、お昼に「親子丼」を食べに京都へ行くことにしました。時間が押してしまい、ランチタイムが2時までの西陣にある「鳥岩桜」に滑り込みセーフで到着。水炊きはそれなりの値段なのですが、お昼の水炊きスープ付き親子丼は800円です。建物は古い数寄屋造りで、中央にある庭を眺めながら、静かな時間が過ごせます。周囲を散歩すると、織物工房が並ぶ界隈があり、いかにも昔ながらの、といった建物や、若い人達が伝統工芸を生かして再生した様なデザイナーズ工房らしい建物が入り混じっていて、いい感じでした。
四条烏丸の「COCON KARASUMA」などをぶらついた後、出町柳商店街で買った「出町ふたば」の“豆餅”を駐車場の車中でパクついて、満足満足。

Dscf0405

*「西陣 鳥岩桜」
京都市上京区五辻通智恵光院西入ル五辻町75
tel 075(441)4004                                                                                                        

Dscf0407_1*「出町ふたば」
京都市上京区出町柳通今出川上ル青龍町236
tel 075(231)1658
お店の前の行列に一瞬ひるみますが、客さばきが手早い。やわらか~いお餅に甘さ控え目餡、塩味のある豆がなんとも言えません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月25日 (月)

神戸の洋食屋さん

土曜日はお天気が良かったので、カーテンを洗濯してから、神戸をぶらぶら。
夕方、少し早い夕食を、欧風料理「グリル十字屋」でとりました。神戸で老舗の、こじんまりとしたレトロなお店です。いわゆる“洋食屋さん”なのですが、東京・日本橋の「たいめいけん」とは少し違う雰囲気で、神戸らしく垢抜けていてシンプルなビストロの様です。上品なお爺さんが、一人で幸せそうに食事しているのが似合いそう。“カツハイライ”(カツハイシライス)をいただきました。どうって事はないのですが、薄く丁寧に揚げられたカツに、優しい味わいのハイシソースがなじんで、癒されます。“ハイシ”は“ハヤシ”の事。ちなみに関西では“ヒレ肉”は“ヘレ肉”と言われてます。

0k6ps4sh0015_i

0k5ps6sh0018_i

*「グリル 十字屋」
神戸市中央区江戸町96 ストロングビル1階 
日曜・祝日休
tel 078(331)5455


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月20日 (水)

司馬遼太郎記念館

蒸留所見学の後は、東大阪市にある「司馬遼太郎記念館」へ。賑やかな駅前を過ぎて車通りから少し奥に入ると、閑静な住宅街になり、緑の茂った敷地内に、実際のままになっている書斎と、安藤忠雄設計の記念館があります。
一つの作品を書くごとに膨大な資料を集めたため、自宅には自著も含め6万冊もの蔵書があったそうで、そのうちの約2万冊が、記念館にイメージ展示されています。記念館の内部は撮影禁止だったのですが、本でびっしりと埋められた、高い天井まである本棚は図書館の様で、うっかり手に取りそうになります(触るのも禁止)。

Gaikan_1Grass

Rouka_2

Shosai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月19日 (火)

再び山崎蒸留所

連休に、東京から弟が遊びに来て、希望していた、サントリーの「山崎蒸留所」のウィスキー工場見学へ行きました。前回より、見学者が随分増えていて驚きでしたが、手際良く案内していただけました。ちょうどNHKの取材が入っており、11月9日の「プロフェッショナル」で、ブレンダーの輿水精一さんが紹介されるとのこと。台風が来るはずだったのですが、とても気持ちの良い気候でした。

IrigutiDscf0367

工場の入口と山崎の名水
最近、ソーダ割用の山崎天然水が発売されたようです                                                                                       

Sikomi

最初の仕込み槽(麦芽の糖化とろ過)
向かい側には発酵槽があり、工場が稼動中だったので、甘酒の様な濃厚な香りがただよっていました                                                                                                                                                                                                                                                           

Shoryu_1

Sairyu

左が初溜釜、右が再溜釜                                   

 

                                                

                                                               Newpot

蒸留したての「ニューポット」
樽で色が着く前なので、無色透明です
写真をクリックすると、真中のボウルに抽出されているのが分かります                                                                        

Taru2

Taru整然と並ぶ樽
記念のヴィンテージのものを「樽買い」することも出来ます                                                   

Tana2

Tana

樽の種類や熟成期間で色が変化することが良く分かるボトルの陳列棚                                                                                                                               

Zassi

Koukoku

昔のポスターや雑誌「洋酒天国」など、資料も展示されています

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月13日 (水)

かたくないバゲット

お昼に、友人の家に持ち寄りで集まる事になり、私はカポナータ(夏野菜の煮込み)とパンを持参することにしました。以前人から聞いたパン屋さんを思い出し、朝、料理をすませてから、散歩がてら山手幹線から西宮警察署方面へ少し入ったところにある「ブーランジュリー ムッシュアッシュ」へ。店へ入ると、レンガづくりの大きい釜が目に入ります。ベーシックなパンの他に、果物を使用したデザートパンが充実していました。今回は食事用なので、一番人気という「バゲットER」と「セミドライトマトのフォカッチャ」を購入。バゲットは皮が薄くて、中がふわふわなので、とても食べやすいです。フォカッチャも私の大好きな白パンベースにドライトマトが効いていて、ばくばくいけます。

Dscf0336_1 ハムやサラミ入り等のチーズの詰め合わせも買いました。

*「 ブーランジュリー ムッシュアッシュ」
  西宮市中前田町7-32

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 1日 (金)

別ブログ

復活したものの、しばらく外出も出来ないので、ぼちぼちの更新になりそうです。
こちらを“マタニティブログ”にするつもりはないので、別ブログを作成しました。以前夫が、自分もブログをやりたいと言うので、設定してあげたのですが、3日坊主どころか、1日で終了したので、そちらを拝借する事にしました。
右にアドレスを表示しましたので、ご興味がありましたら、どうぞ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »