« 宮崎④西都 | トップページ | 天満で韓国料理 »

2006年5月 7日 (日)

宮崎⑤その他食べたもの

  • 「割箸(わりばし)」・・・宮崎といえば“地鶏”で、人気店は数多くありますが、今回連れて行ってもらったのは、ここ。橘通りから少し西に入ったところにあります。炭火焼はもちろん、レバー・砂肝の刺身が抜群に美味しかった。
  • 「百姓うどん」「吉長うどん」・・・なぜか宮崎にはうどん屋さんが多くて、セルフで安い(素うどんで200円前後)。常に混んでます。どちらも麺は柔らかめで、だしと味はしっかり。帰省すると必ず行きます。
  • 「栄養軒」・・・神宮前。ラーメン屋さんも多いのですが、なんとなく、いつもこちらに。あっさり豚骨醤油スープにトロトロ焼豚で食べやすい。
  • 「いもとドライブイン」・・・日南の富土(ふと)海岸。海を見ながら磯料理が食べられる食堂。定食が1400円~と少しお高めですが、かなり豪快。お味噌汁は、野菜と共に魚の切り身が丸ごと入って、どんぶりで出てきます。
  • 「益造(ますぞう)」・・・鳥ノ巣池のほとりにある霧島黒豚と田舎料理の店。民家風の造りになっています。とんかつをメインに、つまみになるおかずが充実。“日南娘(ひなむすめ)”という芋焼酎が美味しかった。
  • 「らくがき」・・・県庁近く楠木通りの喫茶店。創業が昭和23年という店内は、落ち着いた雰囲気です。絵画がたくさん壁に掛けられ、画集や展覧会のカタログも置いてあります。

その他、家で、鍋や焼肉、お刺身など。傍らには「霧島」の一升瓶。。。という感じでした。皆様、大変お世話になりました。

地元の人達が飲む焼酎は「霧島」が基本なのですが、多少流行りがあるようで、今回は「庄三郎」をよく見かけました(前回は「日向木挽」)。

関西へ帰る日は、宮崎空港の「魚山亭」で、チキン南蛮と冷汁、メヒカリの南蛮漬けなどで、食べそびれた郷土料理の仕上げをし、満足感いっぱいで飛行機に乗りました。

Rakugaki

Eiyouken

Masuzouらくがき              栄養軒              益造               

|

« 宮崎④西都 | トップページ | 天満で韓国料理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156752/9944670

この記事へのトラックバック一覧です: 宮崎⑤その他食べたもの:

« 宮崎④西都 | トップページ | 天満で韓国料理 »