« 「THE有頂天ホテル」 | トップページ | 怒涛の一週間 »

2006年3月10日 (金)

すごいぞエクスパック

この時期になると、魚売り場には、東京では見かけない魚が並びます。膨らんだビニールの中に、水と共にキラキラ光る小魚がぎっしり詰まっています。神戸の人はこの「いかなご」で「くぎ煮」を作るのです。醤油、砂糖(ザラメ)、みりん、生姜で甘辛く味付けし、各家庭の味があるそう。私も明石の「魚の棚」に遊びに行くと買うのですが、ホカホカご飯と相性良し。郵便局でも、のぼりをたててキャンペーンをしていました。全国どこまででも詰め放題で500円(しかも速達)のエクスパックは、私もよく利用しています。今回はエクスパック1枚につき、くぎ煮用のタッパー(950ml)をプレゼント!だそう。 手作りのくぎ煮入りのタッパーが入ったエクスパックが郵便局に集まってるところを想像すると結構笑えます。ほのぼの~~でも蓋はぴっちり閉めて欲しい。。。                   

DSCF0232

DSCF0233

                                         
ポストでもPR
「春の風物詩 いかなごのくぎ煮」
コメントも楽しいです。

 

|

« 「THE有頂天ホテル」 | トップページ | 怒涛の一週間 »

コメント

いつも楽しく拝見しています。「くぎ煮」私も大好きです。最近まで釘と一緒に煮るから「くぎ煮」だと思っていました(お正月の黒豆のように…)。見た目が釘に似ているからなのですね。。。
それにしても関西の郵便局は太っ腹ですね。タッパの方がエクスパックより高いのでは、と思うのは私だけでしょうか?コメントも最高です。
ちなみに家の母は干し芋をエクスパックに詰められるだけ詰めて送ってきました。お手軽版ふるさと小包ですね。

投稿: あまぐり | 2006年3月15日 (水) 21時29分

あまぐりさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
私も郵便局のふところを、つい心配してしまいました。いずれは自家製の「いかなごのくぎ煮」に挑戦して、関西人に一歩近づきたいと思っています。午前中に朝とれた「いかなご」を購入して、すぐに作らないといけないらしいです。

投稿: roll | 2006年3月17日 (金) 19時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156752/9020900

この記事へのトラックバック一覧です: すごいぞエクスパック:

« 「THE有頂天ホテル」 | トップページ | 怒涛の一週間 »