« 怒涛の一週間 | トップページ | 神戸に来て欲しいもの »

2006年3月21日 (火)

神戸の中華②

今回は、繁華街を離れた中山手通り沿いの広東料理店「良友酒家」へ。注文した料理は、ピータン、中国野菜炒め、海老マヨネーズ、牛肉とニガウリのトウチ炒め、豚足の煮込み、でした。野菜炒めは、中国では空芯菜とともに代表的な青菜だという「芥蘭菜(カイランサイ)」をいただきました。芯は太くシャキシャキしていて、菜の花のようなツボミがあり、醤油ベースでとても美味しかった。海老マヨもマヨネーズがまろやかで、ナッツがバランス良く効いてました。豚足は味はいいけど、量が多い上に食べにくかった。季節ものとして、牡蠣のおすすめメニューが並んでいたけど、泣く泣く断念(嫌いじゃないのに、体質的に無理なので。。。)。火鍋(寄せ鍋)も食べてみたかったのですが、4人以上の予約のみ(しかも一人¥6300~と少しいいお値段)だったので、去年オープンしたという元町のセカンドライン店にも行ってみようと思います。

ryoyuセカンドラインを持っているからといって、
緊張するような高級店というわけではありません。家庭的なお店です。

*「良友酒家」
 神戸市中央区中山手通3-11-8
 TEL 078-221-5866

|

« 怒涛の一週間 | トップページ | 神戸に来て欲しいもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156752/9195262

この記事へのトラックバック一覧です: 神戸の中華②:

« 怒涛の一週間 | トップページ | 神戸に来て欲しいもの »