« 「『砂の女』と現代の美術」展 | トップページ | 「THE有頂天ホテル」 »

2006年3月 2日 (木)

皮も食べられるミカン

夫の実家から「日向夏(ひゅうがなつ)」が届きました。宮崎の名産です。皮の色の付いたところだけをリンゴの様にむいて、白い皮ごといただきます。果肉は甘酸っぱく、皮はやわらかく優しい甘さで、ビタミンCもたっぷり。そのままでも、軽くお砂糖やハチミツ、ブランデーなどをふっても美味しく食べられます。

DSCF0220

DSCF0218                

                 

 

お義母さん、いつもありがとうございます。                  

|

« 「『砂の女』と現代の美術」展 | トップページ | 「THE有頂天ホテル」 »

コメント

rollさんこんにちは。コメントは入れていなかったですが、楽しく拝見しています。日向夏おいしそうですね~。どうも普通の夏みかんの感覚で見るものですから、苦くないのかなとも思ってしまいますけれど。

私はやっぱりブランデーをふりかけて、というのに惹かれます...

投稿: アメリカーノ | 2006年3月 5日 (日) 03時07分

アメリカーノさんお久しぶりです。コメントありがとうございます。お酒がお好きなんですね。。。白い皮の部分は、筋張っているわけではなく、ふわふわして、ほのかに甘~いです。機会があったら是非試してみて下さい。

投稿: roll | 2006年3月 5日 (日) 23時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156752/8908177

この記事へのトラックバック一覧です: 皮も食べられるミカン:

» みかんと反戦 [Muse on Music.]
今日は、昨日食べたみかんの話。日向夏(ひゅうがなつ)って皆さん聞いたことありますか?僕は今まで全然知らなかったんですが、昨日、少し食べさせてもらったら、うまい!!巨感動しました! ←日向夏 宮崎県原産のみかんなのだそうですが、ゆずの仲間だとも言われているよ..... [続きを読む]

受信: 2006年3月 2日 (木) 21時17分

« 「『砂の女』と現代の美術」展 | トップページ | 「THE有頂天ホテル」 »