« 夙川で中華 | トップページ | 果物屋さんのスウィーツ »

2006年2月 9日 (木)

裁判員制度

なりゆきで、4日に開催されたシンポジウム「裁判員制度を知ろう」へ行くことになり、「四天王寺前夕陽ヶ丘駅」(長い!)へ。天王寺というと新世界の様なイメージを持っていたので、お寺の立ち並ぶ、歴史ある整然とした街並みが意外でした。3時間半と結構ながかったのですが、「12人の優しい日本人」を観たこともあって、興味深い内容でした。上映されたドラマ「裁判員制度~もしもあなたが選ばれたら~」に出演していた、ゲストパネリストの加藤夏希ちゃんも可愛かった。それはともかく気になったのは、裁判員はどこまで守られるのか、という事です。住所氏名は公表されないとはいっても、その作業に日中参加する為には会社に報告しなければならないし、働いている人は周囲にはバレバレになると思う。それから裁判員同士の個人情報の開示はどこまでなのか(アメリカ映画では“○号陪審員”と呼び合っていたけど、今回のドラマでは名前で呼び合っていた)。初めて顔を合わせる人達と、当たり障りの無い会話ではなく、本気の意見を交わしあって大丈夫なんだろうか、とか。6人の裁判員を決めるのに、事前に50人以上の候補者と裁判官が面接をするらしいので、激高しそうな人は選ばないのだと思うけど。。。やる気の無い人でも困るし、難しそうですね。。。ドラマのビデオは検察庁で貸出ししてくれるそうです(監督・中村雅俊、出演・西村雅彦ほか)。
終了後、阿倍野筋をタクシーで下って居酒屋「明治屋」へ。大阪では、はずせない有名店だそう。おでん、どて焼き、きずし、ねぎタコ等、いいお味でした。野菜揚げはまあまあだった。樽酒の熱燗はいい香りがして、ヒノキのお風呂に入っている様な気分になります。無愛想な中年の女性店員がいるなどと言われている様ですが、私は結構好きです、愛想がなくてもキッチリ仕事をする女性。
その後、なんばの「バー村岡」へ。平日ではないのに大盛況でした。

|

« 夙川で中華 | トップページ | 果物屋さんのスウィーツ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156752/8578540

この記事へのトラックバック一覧です: 裁判員制度:

« 夙川で中華 | トップページ | 果物屋さんのスウィーツ »