« ピアノが届きました | トップページ | 裁判員制度 »

2006年2月 3日 (金)

夙川で中華

ラヴェニール・チャイナ
夙川カトリック教会近くにある、中華というよりこじんまりとしたカジュアル・フレンチレストランといった佇まいです。一皿の量も控えめで、2人でいっても、ご飯もの含めて5種類位はいけます。名物という岡山地鶏の蒸しものは4種類のソースから選べ、今回は葱・生姜ソースにしました。これが絶品で、要望が多いのか、このソースのお持ち帰り用も販売されていました。あと美味しかったのは、豚足の煮込み。トロトロなのに角煮よりもあっさりしていて食べやすかった。しかし最初にいただいたこの2品が突出して美味だった為か、他のお料理が普通に感じられてしまいました。とはいっても雰囲気も良く、食べそびれたメニューもあるので、また行きたい。近くにあるワインショップとのイベントもある様で、楽しそうです。
お店を出て、前から気になっていたバー「ルパン(Lupin)」へ。銀座にある有名老舗店(行ったことはない)と同じ名前なのと、落ち着いた店構えに、おそるおそるドアを開けると、意外にも若いマスターで緊張がとけました。時間が早かったので、私達の他には常連のお客さんが1名のみ。一杯だけでささっと帰るつもりが、皆でおしゃべりがはずんでしまって、結構長居してしまいました。エドラダワーのソーテルヌカスク(貴腐ワインで有名な樽)とスキャパ14年という両方とも少しめずらしいものを飲みました。

|

« ピアノが届きました | トップページ | 裁判員制度 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156752/8483863

この記事へのトラックバック一覧です: 夙川で中華:

« ピアノが届きました | トップページ | 裁判員制度 »