« リモンチェッロを作る | トップページ | お正月(のお酒) »

2006年1月 6日 (金)

初めての陶芸

年末、アメリカに赴任している学生時代からの友人が一時帰国しました。大阪の実家に滞在するので会えることに。米国人のお友達も連れてきていて、大阪らしい所に行きたいとのことで、まずは通天閣と串かつ屋へ。難波で電化製品を見たり道頓堀を散歩して、夜は梅田でちゃんこ鍋。ベタではありますが、喜んでいただけた様です。梅田の地下街の「ホワイティうめだ」という名称に受けていたので理由を聞いたら、「Whity」は「白人野郎」という意味合いなのだそうです。。。
翌日は、友人のお母様の案内で、京都へ陶芸体験に。途中の八坂神社で占いに寄り道した後、清水二年坂にある「嘉祥窯陶芸教室」へ。三代目先生はじめ御家族の素敵な作品を拝見し、意欲を高めて初挑戦しました。以前から欲しかった、鍋のおだしや日本酒が2合ほど入る縦長の片口を作ることにしました。コツを丁寧に教えていただきながらだったので、意外とスムーズにいきましたが、凝縮した集中力と精神力が必要で、短時間なのに、終わったらスポーツ後のような疲労感がありました。釉薬を選んで、後は出来上がりを待つのみです。夕食は祇園で会席。献立の中にすっぽんスープがあり、美肌効果を期待しつつ、充実した一日を終えました。

sakuhin

一週間後に届いた作品。
思っていた以上の仕上がりに感動。
円形に上方向に伸ばし、
真ん中をふくらませてから、楕円形に少しつぶし、
持ちやすいように、両側にくぼみもつけました。

omiyage

二年坂の途中で買った、
布のコースター。
藍染にアップリケと刺繍。
一枚200円でした。

|

« リモンチェッロを作る | トップページ | お正月(のお酒) »

コメント

Why is WHITY so racist? Why do they hate "foreign devils?"

See!

http://www.octb.jp/english/search/detail.cgi?id=00435

投稿: whity | 2006年4月15日 (土) 08時37分

whity=ブーさん、お久しぶりです。ご自身の陶芸作品の出来具合はいかがでしたか?私の英語の勉強進行状況は今一つなので、次回は是非、日本語でコメント下さるよう、頑張って下さいね~。

投稿: roll | 2006年4月17日 (月) 10時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156752/8028848

この記事へのトラックバック一覧です: 初めての陶芸:

« リモンチェッロを作る | トップページ | お正月(のお酒) »