« 堂島で地どり | トップページ | ピアノが届きました »

2006年1月25日 (水)

十三で焼肉

またまた十三へ。西口からすぐの「請来軒(ちんらいけん)」。まずは上たん塩。よくあるチャーシューみたいな薄切りではなく、キットカットの様な厚みのある棒状に近い形状でした。おいしくて静かに感動。。。次におすすめの上肉。薄い膜でかすかに繋がっている2種類の部位でした(説明してくれたけど名称は忘れた)。こちらも目を瞑って口の中に集中したい感動。。。常連さん達は最初から上肉も部位で注文してました。カウンター越しに見える、次々と切られていく美しいお肉の塊に目が釘付けになりつつ、ハラミ、カルビとサンチュ(チシャ?)や焼き飯など。お腹もいっぱいになり、お客さんが増えてバタバタしてきた(良い連携プレーなんだけど、すごく忙しそう)ので、お会計。この後並びにある「十三トリスバー」へ。今年は開店50周年だそうです。ウィスキーよりワインが好きというシャイな感じのマスター。軽いおつまみだけでなく、料理メニューも多くありました。

chinraiken

タイムトリップしたような、いい感じです。。。
請来軒の奥の黄色い看板がトリスバー。

 

  *「請来軒」 大阪市淀川区十三本町1-2-6 
           TEL:06-6390-1739

|

« 堂島で地どり | トップページ | ピアノが届きました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156752/8333553

この記事へのトラックバック一覧です: 十三で焼肉:

« 堂島で地どり | トップページ | ピアノが届きました »