« 感想を少しずつ | トップページ | リモンチェッロを作る »

2005年12月20日 (火)

神戸の中華

「中国酒家」元町店
元町駅北側、鯉川筋とトアロードの間の道沿いにあります。
週末に夫の上司夫妻に連れて行ってもらいました。通りには数件の中華料理店が並んでおり、南京町の中華もいいけど、こちらもいけるとのこと。今回はその中の「中国酒家」に。名物の“渡り蟹と春雨の鍋”は、春雨に蟹の味がしっかりと浸み込んでいて、若い人なら白いごはんをどんぶりで欲しがりそうな美味しさでした。お刺身のサラダや北京ダックも丁寧につくられていて、気取りのない店の感じにしては、お値段も割としっかりでした。でもアットホームで味にハズレがないので、通いたいお店です。こじんまりとしているので、予約した方がよさそう。21時閉店なので19時までには入りたい。HPを見たら、トアロード店はまた少し違った雰囲気のようです。

その後、ハンター坂のバー「バンブー」へ。2度目。落ち着いていて居心地の良いお店です。メニューがないので、ウィスキー初心者の私にとっては注文が難しいのですが、お店の方が好みを聞いて選んで下さいます。今年は開店15周年だそうです。

ルミナリエは、前日の大丸周辺の混みを見て断念。
南京町の入り口からの光も素敵でした(柵はルミナリエの交通規制)。
nankinmachi

|

« 感想を少しずつ | トップページ | リモンチェッロを作る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156752/7714291

この記事へのトラックバック一覧です: 神戸の中華:

« 感想を少しずつ | トップページ | リモンチェッロを作る »